小規模多機能型居宅介護施設

    

小規模多機能型居宅介護施設

小規模多機能型居宅介護施設とは、ひとつの事業所で複合サービスを提供できる形態の居宅介護サービスです。提供可能な介護サービスは「通い」「泊まり」「訪問」の三種で、それぞれ利用者の様態と希望に応じて提供されます。

登録制で定額制の新しい介護業態

小規模多機能型居宅介護施設はひとつの事業所に対して最大29名まで登録可能と定員が定まっています。その定員数内で通いを利用できるのは15名まで、泊まりを利用できるのは9名までです。訪問に関しては希望に応じて対応するといった形で、訪問回数に応じて介護報酬が加算される仕組みです。

登録定員 29名以内
通い 15名以内
泊まり 9名以内
訪問 都度対応

また利用料金にも特徴があり、要介護認定における介護によって利用者負担額が定額制となっています。

施設内サービス
(通い・泊まり)
訪問介護サービス
要支援1 3,403円 3,066円
要支援2 6,877円 6,196円
要介護1 10,320円 9,298円
要介護2 15,167円 13,665円
要介護3 22,062円 19,878円
要介護4 24,350円 21,939円
要介護5 26,849円 24,191円

※表記は1割負担
※その他に、宿泊費、食費、おむつ代が別途必要になります

ワンストップで利用可能な地域密着型サービス

小規模多機能型居宅介護施設を利用するメリットは、利用サービスごとに事業所と契約する必要がないということ。そのため利用者にとっては契約の省略化や、連絡先が一元化されたり、信頼できる職員に全てを任せられるといったことが大きな利点です。

また、小規模多機能型居宅介護施設は地域密着型サービスということで、要介護認定を受けており、かつ事業所の所在地に住民票が存在する高齢者のみ利用可能となっています(住所地特例も利用可能)。そのため、利用者の多くは顔の知れた知人同士となり気兼ねなく過ごせるといったこともメリットとしてあげられます。

小規模多機能型居宅介護施設の配置職員

認知症介護実践者研修の配置が義務

小規模多機能型居宅介護施設では、認知症介護実践者研修を修了した介護職員の配置が義務となっています。

小規模多機能型居宅介護施設の利用者情報

小規模多機能型居宅介護施設は居宅介護サービスとなり、あくまで利用者の自立を支援することが目的の事業です。そのため、日常的な介護が必要な高齢者、重度の認知症高齢者、四肢麻痺といった重度の介護状態と診断された高齢者は利用できません。

小規模多機能型は管理職次第で激務になる

ただ、管理職やケアマネジャーが利用を許可すれば介護職員はその対応に追われることになります。つまり、その事業所での業務が楽なのか忙しいかは、利用者の見極めを行うポジションの判断次第と言えます。現状の介護保険制度では、医療行為や感染症が不要といった最低限の基準しか設けらておらず、すでに破綻している事業所も少なくないと聞きます。

転職する際は絶対に職場見学を行うこと

ですので、小規模多機能型居宅介護施設に転職する場合は、かならず事業所の見学を行い、どういった利用者を受け入れており、どういった職員で構成されているか確認したほうがいいでしょう。

管理者やケアマネジャーと直接話せる機会があれば、どういった基準で受け入れ可能と判別してるのかも聞ければ最善です。通い、泊まり、訪問の比率に偏りがないかも確認すべきです。また、人員や業務の効率的な分散ができるサテライト型事業所の有無も重要なポイントです。

小規模多機能型居宅介護施設の転職におすすめな介護求人サイト

この記事に共感できたら

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング

こんな記事も読まれています

ケアハウス
ケアハウス(軽費老人ホーム)

ケアハウスとは、社会福祉法人、地方自治体、民間事業者などによって運営されている介護施設で、自立はできるが諸事情により家庭での暮らしが困難な高齢者が入居する介護施設のことです。ケアハウスは自治体の助成金を受けており、比較的安い費用で入居できることから軽費老人ホームとも呼ばれています。

訪問入浴で働く職員の仕事内容や業務について
訪問入浴で働く職員の仕事内容とやりがい

訪問入浴はヘルパー・オペレーター・看護師の3人1組のチームで利用者様のお宅に訪問し、浴槽を設置し入浴介助を行う在宅介護サービスです。浴槽搬入が大変で、1日に5~8件訪問することも。ですが、お年寄りが喜ぶ姿を間近で見られることがやりがいです。

訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)
訪問介護事業所(ホームヘルプサービス)

訪問介護とはホームヘルパーが介護を必要とする高齢者の自宅を訪問して、身体介護や生活援助を行う居宅介護サービスのことです。提供される介護サービスは多岐にわたり、主にケアマネジャーが作成したケアプラン(介護計画)にそって行われます。

サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、単身の高齢者や高齢夫婦が安心して暮らすことができる賃貸住宅のことで、サ高住やサ付きとも略されます。また老人ホームのように利用権方式ではなく、アパートやマンション同様の賃貸借方式の施設が多くなっています。

特別養護老人ホーム
特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは特養や介護老人福祉施設とも呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体によって運営されている公的な介護施設です。有料老人ホームに比べ入居費用が格段に安いということで、現在50万人以上の入居待機高齢者がいると言われてます。ちなみに特養に入居できる順番は、要介護度が高くご家族の事情を踏まえて緊急性が高いと判断された高齢者が優先となっています。