アルコール依存症

アルコール依存症は薬物依存症のひとつで、アルコールの摂取によって得られる薬理効果にとらわれ、飲酒量を自ら制限できず、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患のことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました