あん法

 

あん法とは患部に熱を加えたり、冷やしたりして炎症や痛み、充血などを取り去る療法のことです。温湿布や湯たんぽなどは温あん法に該当し、冷湿布や氷枕などは冷あん法に該当します。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

介護保険負担限度額認定証

介護保険負担限度額認定証とは低所得者などに交付されるもので、介護サービスを利用した際の食費や居住費といった自己負担額の軽 …

no image

臥床介助(がしょうかいじょ)

車椅子や寝たきりの高齢者をベッドの上に横にする動作を臥床介助(がしょうかいじょ)といいます。就寝介助との違いは、眠るため …

no image

介護予防

介護予防とは、介護が必要な状態にならないように、機能訓練などを通じて予防対策をとり、自立した生活に必要な身体機能を維持し …

no image

4点柵

4点柵とは、高齢者がベッドから落下しないように4方に柵を設置した状態のこと。転落防止目的で多くの介護施設で行われていまし …

no image

住所地特例

住所地特例とは、住民票を移した後も引き続き以前に住んできた地域の保険者となる特例措置のことです。一部の地域に介護施設が集 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング