レビー小体型認知症

大脳皮質に構造物(レビー小体)ができる事によって起きる病気をレビー小体病と言いますが、このレビー小体病が原因で発症する認知症のことをレビー小体型認知症と言います。

レビーとはレビー小体を発見したドイツ生まれの神経学者であるフレデリック・レビーが由来です。レビー小体型認知症の主な症状は、幻聴幻覚が見えることとパーキンソン症状です。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

こんな記事も読まれています

no image

食事介助

食事介助とは、嚥下機能が低下している高齢者や認知症の高齢者の食事を介護士が手伝う行為のこと。食事介助では必ず椅子に座らせ …

no image

発赤(ほっせき)

発赤(ほっせき・はっせき)とは、皮膚や粘膜の一部が炎症によって赤くなり充血することを言います。介護では褥瘡(床ずれ)の初 …

no image

エコマップ

エコマップとは、利用者と利用者家族、その他関係者、医療や福祉機関といった関係性を、地図(マップ)のように図にして描き出す …

no image

モニタリング

モニタリングとは、継続的な確認や調査のことで、介護においては利用者の心身状況や介護環境、サービスの提供状況などをケアマネ …

no image

C型肝炎

C型肝炎とは、血液を介して感染するC型肝炎ウィルス(HCV)により、肝機能が低下する病気。長期間の放置で肝硬変や肝がんに …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング