記憶障害

    

記憶障害とは、経験したとを覚えること(記銘)、覚えたことを忘れないようにすること(保持)、覚えたことを必要に応じて思い出すこと(再生)といった記憶に関する機能が正常に働かない状態のこと。認知症の場合では数分前のことは全く思い出せないが、昔のことははっきり覚えているといったことが多く見られます。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

横臥位(おうがい)

横臥位(おうがい)とは、身体を横向きにして寝る姿勢のことで、側臥位(そくがい)と同じ意味です。一般的には、おむつやシーツ …

no image

移動介護従業者

移動介護従業者とは通称ガイドヘルパーとも呼ばれ、訪問介護事業所や障害者福祉施設などで利用者、または障がい者が車両などへ乗 …

no image

介護過程

介護過程とは、利用者が生活する上で抱えている問題を解決するための一連のプロセスのことです。問題を検討し、改善計画立て、実 …

no image

ADL(エーディーエル)

ADL(エーディーエル)とは、Activities of Daily Living の略で日常生活動作のこと。食事、着替 …

no image

一部介助

一部介助とは、利用者の自力動作に沿って必要な部分のみ支援をする介助方法のことで、利用者の心身の状況を十分にアセスメント( …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング