嚥下障害(えんげしょうがい)

    

嚥下障害(えんげしょうがい)とは、食べ物や飲み物などを飲み込む動作(嚥下)が、疾患や障害によって正常に行われない状態のことです。誤嚥による誤嚥性肺炎のリスクが高いため、食事はきざみ食ペースト食ミキサー食)、とろみ食など特殊な調理をしたものが好ましい。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

ウェルニッケ失語

ウェルニッケ失語とは感覚性失語とも呼ばれ、大脳のウェルニッケ野周辺の損傷が原因で発症する失語症のことです。一般的に言語の …

no image

サテライト型小規模多機能型居宅介護

サテライト型小規模多機能型居宅介護とは、本体となる事業所から車で概ね20分以内の近距離に設置されることを条件に、人材の効 …

no image

夜間巡回

夜間巡回とは、夜間に職員が施設内を巡回して異常がないか確認すること。介護老人ホームでは入居者が夜中に起き、廊下を徘徊して …

no image

リネン交換

リネン(linen)とは「麻」のことで、病院や介護施設などにおける寝具全般のことを言います。ですので、リネン交換とはシー …

no image

ウイルス性肝炎

ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスによって引き起こる肝臓の炎症性疾患のことで、主にA型、B型、C型、D型、E型といった症状 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング