介護職員基礎研修

 

介護職員基礎研修とは、介護サービスの質の向上を目的とした資格です。ホームヘルパー1級の上位資格にあたり、取得後は訪問介護事業所などのサービス提供責任者として働くことができます。なお、現在は介護職員基礎研修とホームヘルパー1級が廃止・統合され、実務者研修へと一本化されました。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

パーキンソン症状

パーキンソン症状とは、小刻みに震えたり、筋肉がこわばるといった症状。パーキンソン症候群とも言われ、4大運動症状として安静 …

no image

訪問看護

訪問看護とは居宅サービスのひとつで、看護師や保健師などが利用者宅に訪問し、主治医の指示に基づいた診療や看護ケアを行います …

no image

アテローム血栓性脳梗塞

アテローム血栓性脳梗塞とは、脳または頸部の比較的太い動脈に動脈硬化(アテローム硬化)が起こり、血管の狭窄(きょうさく)や …

no image

悪性症候群

悪性症候群とは向精神薬の副作用で起こる重篤な症状のこと。原因不明な発熱、意識障害、振戦、頻脈などの自律神経症状が現れます …

no image

拘縮(こうしゅく)

拘縮(こうしゅく)とは、長期間、体を動かさなことで関節可動域が狭くなり、次第に関節や筋肉が固まってこと。寝たきりの高齢者 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング