介護職員基礎研修

 

介護職員基礎研修とは、介護サービスの質の向上を目的とした資格です。ホームヘルパー1級の上位資格にあたり、取得後は訪問介護事業所などのサービス提供責任者として働くことができます。なお、現在は介護職員基礎研修とホームヘルパー1級が廃止・統合され、実務者研修へと一本化されました。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

IADL(アイエーディーエル)

IADL(アイエーディーエル)とは、Instrumental Activities of Daily Living の略 …

no image

移動介護従業者

移動介護従業者とは通称ガイドヘルパーとも呼ばれ、訪問介護事業所や障害者福祉施設などで利用者、または障がい者が車両などへ乗 …

no image

社会福祉士

社会福祉士とは、心身に障がいがある人や日常生活を送ることに困難がある人などに対して、専門的な知識や技術を持って相談や助言 …

no image

医療型障害児入所施設

医療型障害児入所施設とは、障がいがある児童が、医師の管理下の元、日常生活や自活に必要な知識や技能を身につけるための施設で …

no image

アイスマッサージ

アイスマッサージとは、嚥下マッサージ手法の一つで、綿棒の先端を凍らせたり氷水を染み込ませたりして、上あごや舌を刺激します …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング