ターミナルケア

    

ターミナルケアとは、症状の改善や治療の見込みがない人に対して、延命処置を行わず、極力痛みがない状態で本人の人生を尊重し、終末期を迎えるケアのこと。ターミナルケアのことを終末期介護とも呼びます。

ガンなどの病気で余命宣告を受けた場合はホスピスでのターミナルケアとなりますが、老衰が多い介護の場合では介護老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅でもターミナルケアが行われるケースが増えています。死をただただ待つのではなく、そこで働く介護スタッフは介護計画を見直し、本人にとって最善の最後を迎えられるよう準備をします。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

NPO法人

NPO法人とは、Non Profit Organization の略で、特定非営利活動法人の通称です。特定非営利活動促進 …

no image

サービス担当者会議

サービス担当者会議とは、サービス利用者に対して適切な援助を行うため各事業所の責任者があつまる会議のこと。サービス担当者会 …

no image

エンパワメント

エンパワメントとは、利用者やコミュニティが失った自信や希望を再び取り戻せるように助成する方法のことです。自立生活運動、セ …

no image

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、介護や生活支援が必要な高齢者の自立や自宅復帰を目的とした介護施設。常勤医師の治療、理学療法士や作業 …

no image

外来リハビリテーション

外来リハビリテーションとは、退院後、通院によって行うリハビリテーションのことです。日常生活動作の向上を目指すため、主治医 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング