ターミナルケア

    

ターミナルケアとは、症状の改善や治療の見込みがない人に対して、延命処置を行わず、極力痛みがない状態で本人の人生を尊重し、終末期を迎えるケアのこと。ターミナルケアのことを終末期介護とも呼びます。

ガンなどの病気で余命宣告を受けた場合はホスピスでのターミナルケアとなりますが、老衰が多い介護の場合では介護老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅でもターミナルケアが行われるケースが増えています。死をただただ待つのではなく、そこで働く介護スタッフは介護計画を見直し、本人にとって最善の最後を迎えられるよう準備をします。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

記憶障害

記憶障害とは、経験したとを覚えること(記銘)、覚えたことを忘れないようにすること(保持)、覚えたことを必要に応じて思い出 …

no image

ガイドヘルパー

ガイドヘルパーとは、目が不自由な人や身体に麻痺がある高齢者の車両への乗り降りを手助けする職業。介護施設や訪問介護事業所な …

no image

体位変換

体位変換とは、寝たきりで寝返りが打てない高齢者に対して、介護者が身体を動かし寝返りを打たせること。定期的に体位変換を行う …

no image

RICE処置

RICE処置とは、応急処置時に必要なRest(安静)・Ice(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation …

no image

嚥下反射

嚥下反射とは、摂食、嚥下運動の中でもっとも重要な反射で、食塊が咽頭から食道へ運ばれる過程で咽頭後壁粘膜の刺激によって起こ …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング