体位変換

    

体位変換とは、寝たきりで寝返りが打てない高齢者に対して、介護者が身体を動かし寝返りを打たせること。定期的に体位変換を行うことで、拘縮(こうしゅく)褥瘡(じょくそう)の防止にもつながります。職場によっては体位交換(体交)と呼ぶ場合もあります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

ペースト食

ペースト食とは咀嚼や嚥下などに障害(嚥下障害)がある人の食事のこと、普通食として調理した食事に水分を加え、ミキサーなどで …

no image

介護保険審査会

介護保険審査会とは、自治体などの保険者が行った判定や処分に対して不服申立の審議や裁決を行う第三者機関のことです。介護保険 …

no image

起き上がり介助

起き上がり介助とは、横になっている人を起き上がらせる際に行う介助のことを言います。仰向け位に寝ている状態(仰臥位)から一 …

no image

経管栄養

経管栄養とは、カテーテルを使い、体外から消化器官に流動食を投与する処置。主に嚥下障害の高齢者や消化器官の障害などで口から …

no image

福祉系高等学校

介護福祉士や社会福祉士の養成を目的とした高等学校を福祉系高等学校と呼びます。実習用モデル人形や介護用ベッド、移動用リフト …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング