肺炎

    

肺炎とは肺実質の炎症が起こる疾患のことで、罹患場所(りかんばしょ)によって原因菌や細菌が違う、市中肺炎と院内肺炎があります。

また、高齢者の場合で最も多いのが誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)で、唾液、食べ物、胃液などが気管に入ってしまい、それらに含まれた細菌や微生物が原因で肺炎となる症例です。嚥下障害のある高齢者は特に誤嚥性肺炎のリスクが高いと言われています。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

悪性関節リウマチ

悪性関節リウマチはリウマトイド血管炎とも呼ばれ、既存の関節リウマチに血管炎をはじめとする関節外症状を伴い、重篤化すること …

no image

介護実習

介護実習とは、有料老人ホームなどの介護福祉施設にて、実際に介護などを行い実務に必要な知識や経験をえる体験のこと。

no image

介助用車椅子

介助用車椅子とは、介護者が操作しやすいように設計された車椅子のことです。介助用標準型車椅子にはハンドリムがなく、後輪が自 …

no image

介護保険審査会

介護保険審査会とは、自治体などの保険者が行った判定や処分に対して不服申立の審議や裁決を行う第三者機関のことです。介護保険 …

no image

訪問看護

訪問看護とは居宅サービスのひとつで、看護師や保健師などが利用者宅に訪問し、主治医の指示に基づいた診療や看護ケアを行います …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング