福祉用具専門相談員

    

福祉用具専門相談員とは、介護で使う福祉用具の適切な選定を行う専門職のことです。都道府県知事が指定した福祉用具専門員指定研修を受講した人、介護福祉士や看護師といった資格取得者が認定されます。

福祉用具貸与事業所では2名以上の配置が義務付けられており、介護士と同様に今後はさらに必要とされる資格でもあります。

ちなみに、福祉用具専門相談員も介護職にあたるので、5年以上勤務すればケアマネジャーの受験資格を得ることができます。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

温熱療法

温熱療法とは、皮膚に熱刺激を与え、血統やリンパの循環を改善させる治療方法です。新陳代謝の促進、体力や抵抗力の向上などが期 …

no image

安静時振戦

安静時振戦(あんせいじしんせん)とは、筋肉が休んでいる時に起こる緩やかな震えのことで、パーキンソン病の症状のひとつです。 …

no image

介護事務

介護事務とは、介護施設や介護事業所で事務業務を行う職員のこと。電話対応や書類作成に加えレセプト(介護給付費請求明細書)の …

no image

施設サービス

施設サービスとは、要介護者に対して介護保険施設で提供されるサービスのこと。施設サービスには介護福祉施設サービス、介護保険 …

no image

ウォーターマット

ウォーターマットとは中に水が入っているマットレスのことです。体圧が分散される効果があるため、褥瘡(床ずれ)を予防する目的 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング