きざみ食(刻み食)

    

きざみ食(刻み食)とは、噛む力が弱い、むせやすいといった嚥下機能に障害(嚥下障害)があるお年寄りのための食事(食形態)。固いものと柔らかいものが混在するんど、調理や盛り付け方法によっては誤嚥(ごえん)のリスクが高まるとも言われており、適切な知識や調理方法が必要とされています。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

介護扶助

介護扶助とは、生活保護法に基づく公的扶助のひとつで、困窮のため最低限の生活を維持することができない要介護者などを対象した …

no image

C字型杖

C字型杖とは、持ち手がC字型になっている杖のこと。湾曲型杖とも呼ばれています。軽く持ちやすいですが、体重をかけてしまうと …

no image

移送サービス

移送サービスとは、一般の交通機関を利用した移動が困難な高齢者や身体障害者に移動手段を提供する介護サービスのことです。介護 …

no image

予防衣

予防衣とは、感染症予防のために着用するエプロンのような衣服のこと。排泄物や嘔吐物といった感染症の発生源となる汚物を処理す …

no image

介護タクシー

介護タクシーとは、高齢者や障がい者が介護施設や病院へ通う祭に利用できるタクシーのことです。車両は福祉車両が使用され、ドラ …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング