きざみ食(刻み食)

    

きざみ食(刻み食)とは、噛む力が弱い、むせやすいといった嚥下機能に障害(嚥下障害)があるお年寄りのための食事(食形態)。固いものと柔らかいものが混在するんど、調理や盛り付け方法によっては誤嚥(ごえん)のリスクが高まるとも言われており、適切な知識や調理方法が必要とされています。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

エビデンス

エビデンスとは、証拠、根拠、証言、形跡といった言い回しに使用する言葉。英単語「evidence」 に由来します。様々な業 …

no image

アテンダント

アテンダントとは付き添い人という意味で、介護の場合では利用者に寄り添った介護サービスを提供すること、または提供する仕事の …

no image

汚物流し

ベッド上で使用する差し込み便器や、ポータブルトイレの排泄物を捨てるための専用の流しを汚物流しと言います。便器と比べて流し …

no image

移乗用リフト

移乗用リフトとは、自分で移動できない人の移動の助けや、介助者の負担を軽くするために使用されるリフトのことです。床に面する …

no image

パーキンソン症状

パーキンソン症状とは、小刻みに震えたり、筋肉がこわばるといった症状。パーキンソン症候群とも言われ、4大運動症状として安静 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング