褥瘡(じょくそう)

    

褥瘡(じょくそう)とは、床ずれとも呼ばれ、身体の一部が長時間にわたり圧迫され、血液の循環障害が起きている状態のこと。皮膚損傷が進行すると糜爛(びらん)や潰瘍(かいよう)となり皮膚がただれ筋肉や骨が露出するこもあります。また、感染症の原因となるだけでなく、重症化すると血液中に病原体が入り込む敗血症につながります。

主な原因は同じ姿勢による圧迫ですが、シーツや衣類の摩擦、汗や汚物による不潔と湿り、栄養状態の悪化なども褥瘡の原因とされています。

介護施設では「褥瘡ができる=介護事故」とされるほど絶対に起きてはいけないこと。定期的な体位変換やクッションなどを用いて事前に防止しましょう。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

栄養管理指導

栄養管理指導とは、利用者の栄養状態や病状、健康状態にあわせて栄養士・管理栄養士が食事の内容を管理・指導することです。介護 …

no image

化学療法

化学療法とは、化学物質の特性を利用して疾患原因となっている細菌、ウイルス、真菌、原虫、微生物、細胞などの増殖や分裂を抑制 …

no image

育児・介護休業法

育児・介護休業法とは、育児や介護に伴い休暇や休業が取りやすいように、また仕事と生活を両立できるように支援する法律のこと。 …

no image

介護過程

介護過程とは、利用者が生活する上で抱えている問題を解決するための一連のプロセスのことです。問題を検討し、改善計画立て、実 …

no image

嚥下性無呼吸

嚥下性無呼吸とは、食塊が咽頭を通過する際に、気管には入らないように喉頭蓋(こうとうがい)が持ち上がり、声門も閉鎖されるこ …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング