た行の介護用語

介護の専門用語辞典

ディスポ手袋

ディスポ手袋とは、使い捨て手袋のことで、リネン交換やオムツ交換など、排泄物を処理する際に用い入られます。なお、介護現場ではこうしたビニール製の使い捨て手袋のことを「ディスポ」と略して呼んでいます。
介護の専門用語辞典

ドレーン

ドレーンとは、体内に溜まった消化液、膿、血液などを体外に排出際に用いられる管のことです。ドレーンのことを誘導管や排液管とも呼ばれており、ドレーン処置のことをドレナージと言います。ドレーンの種類には脳室ドレーン、胸腔ドレーン、腹腔ドレーンなど...
介護の専門用語辞典

特変

特変とは、「特別に変わったことなく」という意味の介護業界で用いられる略語です。業務記録用紙の特記事項などでは「特変なく過ごされる」と表記されていることを、よく目にするかと思います。
介護の専門用語辞典

滴下

滴下とは、液体がしずくとなって落ちる様子ことで、医療や介護の現場では点滴や胃ろうの際に用いられます。滴下速度や滴下量はクレンメ(クランプ)を用いて調整します。「滴加」と表記する場合もありますが同じ意味という認識で問題ないでしょう。
介護の専門用語辞典

端座位(たんざい)

端座位(たんざい)とは、ベッドの端に移動し腰をかけ、足を下ろした状態のことを言います。起き上がり介助では、仰臥位(ぎょうがい)から側臥位(横臥位)、そして端座位といった一連の動作を行います。
介護の専門用語辞典

体位変換

体位変換とは、寝たきりで寝返りが打てない高齢者に対して、介護者が身体を動かし寝返りを打たせること。定期的に体位変換を行うことで、拘縮(こうしゅく)や褥瘡(じょくそう)の防止にもつながります。職場によっては体位交換(体交)と呼ぶ場合もあります...
介護の専門用語辞典

T字型杖

T字型杖とは、持ち手がT字の形をしている杖のことで、最も普及しているタイプのものです。手首の力が利くよう把手と支柱に角度が付けてあり、比較的まっすぐで握りやすくなっています。
介護の専門用語辞典

多発性硬化症

多発性硬化症とは、脳や脊髄の神経細胞をつなぐ軸索(じくさく)を保護している髄鞘(ずいしょう)が損傷し、神経細胞の情報伝達がうまくいかず、麻痺やしびれをきたす疾患のこと。MS(Multiple Sclerosis)とも略され、再発と寛解(症状...
介護の専門用語辞典

DV防止法

DV防止法とは、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」の通称です。家族や責任者からの暴力=DV(ドメスティック・バイオレンス)の防止や被害者保護を目的に2001年に制定されました。配偶者暴力相談支援センターや警察に通報する...
介護の専門用語辞典

喀痰吸引等研修

喀痰吸引等研修とは、医師や看護師以外でも、たんの吸引や経管栄養といった医療行為が行えるようになる研修(資格)のこと。主に、介護施設や訪問介護で働く介護スタッフ向けの研修で、基本研修と実地研修の2つのカリキュラムで構成されています。
介護の専門用語辞典

長期栄養管理法

長期栄養管理法とは、経管栄養や経鼻栄養といった方法で、長期的かつ安全に栄養を摂取する方法のこと。むせや誤飲といった嚥下障害がみられ、常食では誤嚥や肺炎のリスクがある方が行っています。
介護の専門用語辞典

ターミナルケア

ターミナルケアとは、症状の改善や治療の見込みがない人に対して、延命処置を行わず、極力痛みがない状態で本人の人生を尊重し、終末期を迎えるケアのこと。ターミナルケアのことを終末期介護とも呼びます。 ガンなどの病気で余命宣告を受けた場合はホ...
介護の専門用語辞典

地域活動支援センター

地域活動支援センターとは、障害者自立支援制度で市区町村が実施する地域生活支援事業のひとつ。創造的活動や生産活動の機会を提供することで、社会交流を促進し障害者が地域で自立した生活が送れるよう支援します。
介護の専門用語辞典

知的障害者

知的障害者とは、知的機能に制約がある人、適応行動に制約を伴う状態にある人、発達機に生じる障害を持つ人のこと。法律上の定義はないが、厚生労働省の調査の定義では、障害がおおむね18歳までに現れ、日常生活に支障が生じており、援助を必要とする者とさ...
タイトルとURLをコピーしました