SAT(サット)

    

SATとは、赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合(動脈血酸素飽和度)のこと。飽和という意味のsaturation(サチュレーション)の頭文字をとSAT(サット)と呼ばれるようになりました。動脈血酸素飽和度はSpO2(エスピーオーツー)とも呼ばれています。SATの単位は%(パーセント)で、通常95%~99%といった数値になりますが、高齢や病状によっては90%を切る場合もあります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

アダムス・ストークス症候群

アダムス・ストークス症候群とは、心臓から脳へ血流が急激に減少し、めまいや意識消失、痙攣(けいれん)などが引き起こる症状の …

no image

アクティビティ

福祉業界におけるアクティビティとは、心や身体が活発になるための手助けとなる様々な活動のことです。介護施設やデイサービスな …

no image

カイロプラクティック

カイロプラクティック(Chiropractic)とは手技療法のことで、脊椎指圧療法や脊椎調整療法が該当します。背骨周辺を …

no image

オリーブ橋小脳萎縮症

オリーブ橋小脳萎縮症とは脊髄小脳変性症の一種で、小脳や橋底部を中心に脳幹に縮小がみられる状態のことです。運動失調や自律神 …

no image

アテトーシス

アテトーシスとは、自分の意思に関係なく、身体の一部が動く不随意運動(ふずいいうんどう)のひとつで、緊張すると強く現れる傾 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング