SAT(サット)

    

SATとは、赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合(動脈血酸素飽和度)のこと。飽和という意味のsaturation(サチュレーション)の頭文字をとSAT(サット)と呼ばれるようになりました。動脈血酸素飽和度はSpO2(エスピーオーツー)とも呼ばれています。SATの単位は%(パーセント)で、通常95%~99%といった数値になりますが、高齢や病状によっては90%を切る場合もあります。

介護用語辞典

知りたい介護の専門用語を検索してみよう!

この記事に共感できたら

こんな記事も読まれています

no image

マーゲンチューブ

マーゲンチューブとは、経管栄養の一種でもある、鼻から流動食などの栄養を胃に入れる経鼻栄養に使われるシリコン製の管のこと。 …

no image

ウイルス性肝炎

ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスによって引き起こる肝臓の炎症性疾患のことで、主にA型、B型、C型、D型、E型といった症状 …

no image

介護療養型老人保健施設

介護療養型老人保健施設とは新型老健とも呼ばれており、2017年(平成29年)に廃止となる介護療養型医療施設の転換先として …

no image

移乗介助

移乗介助とは利用者の移乗を支援することで、片麻痺がみられる高齢者の場合は健側を軸にして自立で立ち上がり、移譲先へ回転する …

no image

側臥位(そくがい)

側臥位(そくがい)とは、身体を横向きにして寝る姿勢のことで、横臥位(おうがい)と同じ意味になります。左向きで寝る姿勢を左 …

みんなが選んだおすすめは?介護求人サイトランキング